polanka(ポランカ)のポーランドリネンは、ポーランドのリネン工場でpolankaのためにオリジナルで製作し、直輸入しています。糸から麻生地が織り上がるまでのすべての工程をポーランド国内でおこなっています。
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
あたらしいのになつかしい【 ポーレ・ブラックウォッチ 】落ち着きのある色彩が魅力のpolankaオリジナルの先染め織りリネンです。
ポーレ・ブラックウォッチ【薄手・生地幅152cm】*10cm(個数1)単位、50cm(個数5)以上でご注文下さい
300円(税抜)
ポーレ・ブラックウォッチ【薄手・生地幅152cm】*10cm(個数1)単位、50cm(個数5)以上でご注文下さい
300円(税抜)
ポーレ・ブラックウォッチ

【あたらしいのになつかしい、ポーレ・ブラックウォッチ】

スコットランドの軍隊に起源をもつ伝統的な柄をリネン100%で表現した、polankaオリジナルの先染め織りリネンです。先染め織りとは、先に糸を染めてから色糸を組み合わせて柄の布地を織る方法。polankaのポーレ・ブラックウォッチは、厳選された落ち着きのある色彩(ネイビー、グリーン、ブラック)の組み合わせが魅力です。「あたらしいのになつかしい」ブラックウォッチ柄は、キッチンまわりアイテム、大人服や子供服などにおすすめです。ベースの生地はポーレと同じ厚さ(糸の番手と打ち込み本数が同じ)です。

【組成】リネン100%
【生地幅】152
【糸の紡績】ポーランド(サフィラン社)
【生地の製織・仕上げ加工*washed加工】ポーランド
*washed加工について・・・織り上がった生地を様々な温度の水に通し、生地の張りを保ちながら生地を乾燥させていく、もっともリネンらしさが残る加工のひとつです。
【生地の厚み】薄い←☆★☆☆→厚い
【生地の収縮率】たて、よこ約5%  ※1時間程水に浸けおきにした後、手で押して水を切り日陰干し
【ご注文単位】ご注文は10cm単位です。50cm(個数5)以上から承ります。
50cmの場合 → 個数を5個、1mの場合 →個数を10個。表示価格は10cm。


【ポーレブラックウォッチの使用例*エプロンと子供服】
ポーレブラックウォッチのエプロンと子供服
ポーレブラックウォッチの子供服
ポーレブラックウォッチの子供服
ポーレブラックウォッチのエプロン


【 歴史あるポーランドリネン、暮らしを紡ぐ 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン フラックスの花

「ポーランドって麻が採れるんですか?」
この仕事をはじめてから何度この質問をされたことでしょう。
20年来のパートナーであるポーランドのリネン工場は、14世紀にリネン生地の生産を開始、数百年に渡ってリネンを製造してきました。
「リネン産業を中心に人が集まり、リネンの町が形作られていった」
そんなポーランドの小さな町でpolankaは生地を織り続けています。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン クシェシュフ


【 ポーランドリネンの恵まれた環境と歴史 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネン工場

現代の生地づくりにおいては、糸の生産、生地の製作、仕上げ加工がそれぞれ違う国でおこなわれることもめずらしくありません。ポーランドはリネンの歴史と環境に恵まれていることから、生地作りのすべての工程をポーランド国内でおこなっています。polankaのリネンはこれまでも、そして、これからもずっと”made in Poland”です。

Mirekさん


【 フラックスの畑と、それを育てた人まで分かるリネンです 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネン紡績工場

1778年に創業のフランスの老舗リネンメーカー「サフィラン社」がポーランド北西部の湖水地方に2ヵ所の紡績工場を設立したのは1995年のことでした。それぞれの紡績工場では、湿式紡績 (wet spinning)と乾式紡績(dry spinning)のリネン糸が紡がれています。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン サフィランマーク


【 フランスの夏の太陽をいっぱい浴びて、輝く亜麻色になる 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン フラックス畑

サフィラン社ではフランスの北西部にフラックスの契約農家をもち、フラックスの種を蒔く時期から担当者が毎月のように畑に行って状態をチェックしています。フラックスは、4月に種まきをして、7月中旬から8月にかけて収穫されます。そして1ヶ月程、畑に寝かせて自然の力で硬い外皮を柔らかくさせ、糸となる中の繊維を取り出します。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン 手に持ったフラックスアップ


【伝統あるサフィラン社、ポーランドの湖水地方で糸を紡ぐ 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン フラックス繊維アップ

polankaのベーシックリネンは、サフィラン社の湿式紡績 (wet spinning)の糸を使用しています。湿式紡績(wet spinning)とは、フラックスに水を吹き付けながら糸を紡いでいく紡績の方法です。最高級のリネン糸として世界有数のファブリックメーカーに選ばれ使用されています。その年の気候により、リネン糸の色が変化するのも楽しみのひとつです。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン サフィラン糸アップ


【 染色〜織り〜仕上げ、すべての工程をポーランド国内で 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネン糸のセッティング

polankaのリネンは、ポーランド南西部にある自然に囲まれた美しい町で織られています。テキスタイルは、たて糸とよこ糸の組み合わせで無限の表現が可能になります。リネン工場の中には染色の研究所も併設されており、糸の段階で染めを行う「先染め」や生地になってから染める「後染め」も得意としています。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン 染めたリネン糸


【 手で1本1本をセッティング、生地幅152cmは経糸約2,700本 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネン生地補修

polankaのベーシックリネンはすべて152cmです。ポーレシリーズの経糸(たて)の数は約2,700本。1本1本手作業でセッティングしています。152cmの生地幅は型紙の配置の自由度が高く、生地を無駄なく効率よくお使いいただけます。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネンの生地検品中


【 ハギレも大切にしたくなる、ポーランドリネン 】

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン リネン織機

リネンは洗いざらしで日々の生活の中で気軽にお使いいただける身近な天然素材です。ジャブジャブとお洗濯をして、リネンのしわにアイロンを掛けることも家事の楽しみのひとつ。
生地の風合いの良さをもっとも感じられるpolankaのベーシックリネンシリーズ。
ぜひ一度手に取ってポーランドリネンの自然な風合いを感じてみてください。


ポーランドリネン・ポーレブラックウォッチ生地アップ

【ポーレ・ブラックウォッチの特徴】
スコットランドの軍隊に起源をもつ伝統的な柄をリネン100%で表現した、polankaオリジナルの先染め織りリネンです。先染め織りとは、先に糸を染めてから色糸を組み合わせて柄の布地を織る方法。polankaのポーレ・ブラックウォッチは、厳選された落ち着きのある色彩(ネイビー、グリーン、ブラック)の組み合わせが魅力です。「あたらしいのになつかしい」ブラックウォッチ柄は、キッチンまわりアイテム、大人服や子供服などにおすすめです。ベースの生地はポーレと同じ厚さ(糸の番手と打ち込み本数が同じ)です。

【組成】リネン100%
【生地幅】152
【糸の紡績】ポーランド(サフィラン社)
【生地の製織・仕上げ加工*washed加工】ポーランド
*washed加工について・・・織り上がった生地を様々な温度の水に通し、生地の張りを保ちながら生地を乾燥させていく、もっともリネンらしさが残る加工のひとつです。
【生地の厚み】薄い←☆★☆☆→厚い
【生地の収縮率】たて、よこ約5%  ※1時間程水に浸けおきにした後、手で押して水を切り日陰干し
【ご注文単位】ご注文は10cm単位です。50cm(個数5)以上から承ります。
50cmの場合 → 個数を5個、1mの場合 → 個数を10個。
表示価格は10cm。

polanka ポーランドリネン ポランカのリネン 50cm以上、10冀碓未任潅輅顕爾気